ネイティブイングリッシュが合わないお客様ってどんな人?

ネイティブイングリッシュが合わないお客様ってどんな人?

基礎的な英会話が既に試せる人間

 

ネイティブイングリッシュで学習するのは、ノンプロがまるで始めに解るべき基礎的な英会話です。

 

あいさつや自己紹介など英会話を学ぶのならまずはこれからというものばかりです。きちんとこれらは重要なのですが、これが達人となれば会話が変わってきます。

 

英語の達人であれば、今や基礎的な英会話公開は知っている結局、ノンプロと比べてネイティブイングリッシュから学べることは少なくなります。

 

そのため、英語の達人にはネイティブイングリッシュは適さないというのが我々が感じたことです。

 

 

文法など精通中心の英語の勉強が目差す人間

 

ネイティブイングリッシュで学ぶのは、実践的なスピーキングとリスニングです。

 

英会話フレーズを暗記し、それを口ずさむことによって健康に覚えさせ英語を喋れるようになるという実習体系をしています。

 

必ずやこれは英語実習理論的に正攻法で、望ましい道程です。

 

このように暗記によって文法などの精通中心の勉強をすることなく、ノンプロでも英語がしゃべれるようになるという道程をやる結局、文法など精通中心の勉強を目差す人間にネイティブイングリッシュは合いません。

 

文法精通など学問チック手の平を欲する人間は、書店で売られている文法書などのほうが役に立ちます。

 

いよいよ、スピーキングやリスニングなどの実践的な手の平と、文法などの学問チック手の平を共に学ぶことは酷いというのが我々が続続感じていることです。

 

どちらを先に学ぶべきかは、ご自身が英語を学ぶ表紙によって変わってきます。

 

受験やイギリス検などの特権起源を目指す人間は文法などの学問チック手の平が求められます。

 

それに対し、外人と英語で交代を志す、異国観光に行きたいという人間にはスピーキングやリスニングなどの実践的な手の平が必要です。

 

ネイティブイングリッシュで身につくのはスピーキングやリスニングなどの実践的な手の平のみです。

 

 

聞き流すだけの実習が志す人間

 

ネイティブイングリッシュは「聞くだけ実習法」ですが、これはただ英語を聞き流すだけの実習法ではありません。

 

スピードラーニングやエブリデイイングリッシュなどのようにただ英語を聞き流すだけの教材かと勘違いしている人間が多くいるようですが、ネイティブイングリッシュはそれらの会話とはものすごく異なります。

 

最大の違いは、ネイティブイングリッシュには英語を話す調教があることです。

 

ネイティブイングリッシュは聞くだけで学習望める教材ですが、聞きながら英語を話す調教がメインになっています。

 

そのため音響のようにただ英語を聞き流していたいという人間がネイティブイングリッシュを使うと「ついつい違う」と映ることになるはずです。

 

じっと楽なのは英語をただ聞き流しているだけの実習です。

 

しかし、こいつには効果がありません。

 

分かり易い例えですが、サッカーが上手くなりたいのなら、サッカーをただ調べるだけの調教よりも言わばサッカーをした方が賢くなることと同じです。

 

英語をただ聞くだけではしゃべれるようになることはなく、英語は真に話す調教でしか自分につきません。

 

スピーキングよりもリスニングへの効果を重視し、英語が話せるようになるか是非よりも音響のように英語を聞いていたい人間にとって聞き流すだけの教材は最適です。

 

ですが、英語が語れるようになりたい人間にはネイティブイングリッシュのような話す調教ができる教材が必要です。