最近車種で走っていたら、前から自転車で走ってきた小学校くらいの男児がいきなりコケて車道に倒れ込みました

私はビックリしましたがもちろん急障り。

大通りではなくちっちゃな縁側で進度はほとんど出していなかったのですぐ止まれたのがラッキーしました。

しかしあと数量メートルくら進んでいたらというと肝を冷やします・・。

「ぼく安泰?」

と一応声を掛けておきます。

「ごめんなさい」

と言って少年は形相を赤らめながら逆方位へ走り去りました。

ん?と思いましたが、自分も以前同じ事を体験している事を思い出しました。

私が体験した時は車種が急に飛び出してきて思わず自転車をこかしたのです。

その時は膝を擦りむいたクラスでしたが、こけた事が妙に恥ずかしくてその場から走り去ったのです。

今の少年があのお日様の私と・・。 

すき焼きをしようと思ったんだけどめんどうなんで、耳よりすき焼きって感じのすき焼き煮を作った。料理はいつもだけどかなりデタラメ。

要を冷蔵庫から探して起こるもので終える。冷凍してあった牛肉、糸こんにゃく、豆腐、しいたけ、たまねぎ。これだけあれば満足すき焼き

旨みのものは望める。香味料は煮物を始めるときはいつものことなんだけど醤油と砂糖とみりんのみ。酒があったほうがいいのかもしれないけど

家屋では扱うことがまずない。これらの要を最初口体積に切って鍋に入れて煮込む。柔らかいのが肉親は意図なんでかなり瞬間を多めに煮込む

のが慣例。しかし風味の濃さがどうもいまいちうまくできなかったようだ。そこに要望を擦り込みられてしまった。作った料理にあとから醤油を入れられ

るのはなんか

悲しいもんがある。HP