時期をとった皆さんを見ていると、日毎衰えて出向くカラダやメンタルからの不安

そういった筋道でいつも花が咲いているみたい。

だけど、自分は、通じるために大切なのは、もっと、突入的運動で、脳裏を全力させて、新しい物を取り出すという力ではないかと思っている。

そんな力を失ったら、あとはもう、後退するだけです。

だから、もし何も新しいことができない、思いも生み出せないとなると、注意した方がいい。

ただ蝋人形が、食べて、寝て、ブレスを吸ってるだけ、みたいになると本気でお客様が寄りつかなくなる。

だから、もっと寂しく罹るだろう。

何か、保守チックではない、能動的な警鐘を、高齢になっても積極的に働きかけられるように己を磨いて行くことは手掛かりです。

そうでないと、時期をとったときにただ老いただけの、中身のないキャラクターになってしまう。

今日はワンデイ色んなとこに走り回りました。早朝起きたのも日曜なのに早かったし^^

6ところ起床からの朝ごはん、補修洗濯etc…

近くのCD商店が解く9ところ住宅を出て、普段なら自転車を使う500メートルほどの行程をてくてく散策がてら歩いていきました。往復1kmだし大した行程ではないのですが(笑)

ずーっと買いたかったCDを受領!!そのまま帰ろうと思ったのですが、洗髪が切れていたことを思い起こしたのでそのまま某薬屋へ

これ1~2時期は使い続けてるいち髪受領。値引きのお日様だったのかいつもより安くゲットできて歓び(^◇^)

家に帰る途中で究極によって明日からのお弁当の根底を購入しました。ベジタリアンではないのですが、今一つタンパク質が足りなめになってしまうので常備食として、キノコと牛肉の甘辛い結果決めることにしました。ご飯にも見合うし、お弁当のマテリアル材としても全能君だから結構好きなんです
duoenecho.org